毎日の目もとケアでクマやたるみを防ぐ…

老けて見える大きな原因に目もとの衰えがあり、目もとは見た目年齢を最も左右する部分と言っても過言ではありません。

人と挨拶する時や話をする時にも、目もとを見ない人はいませんし、自分でも化粧直しなどの時も目を見ることが多いですが、年齢と共にクマやたるみが気になってきます

目もとは皮膚が薄く皮脂腺も少ないため、特にデリケートで水分の保持能力も低いので、加齢だけでなく寝不足や疲労などでもトラブルを受けやすい部分です。

働き盛りの若い男性や女性にも目の下にクマを作っている人もいます。
クマは遺伝的要素によってできやすい人もいますが、適切な目もとケアをすれば改善できることも多いです。

シミやクスミによる茶クマと血行不良による青クマと皮膚のたるみによって影ができる黒クマに大別されますが、自宅でも簡単にできる目もとケア方法があります。

まずは睡眠を十分に取り、ストレスや疲労を溜めないことが第一です。

忙しくて満足な睡眠が取れない人は、軽い運動や半身浴などを行い全身の血行を良くすることが肝心です。

ビタミンやミネラルなどの栄養素を摂取することは、メラニンの生成を抑えたり鉄分の補給ができ効果的です。

目を酷使しないように注意することも必要ですが、現代人はパソコンを長時間使っています。

そんな時にはホットタオルなどで10分ほど目を温めることで、疲労回復と血行促進ができます。

一日の終わりにはアイクリームを使って行う目もとケアも大切です。

強く擦り過ぎると色素沈着をおこし逆効果ですので、アイクリームで滑りを良くして優しくマッサージしましょう。

たるみは隠すのが難しい箇所ですから、日々の目もとケアで予防をするのが理想です。

現代人はスマホを片時も離さず見続けているので、顔全体が弛む心配も指摘されていますが、目もとのたるみも例外ではありません。

スマホを見る下向きの姿勢が原因と言われていますから、一日のうちに上を見る時間を作るのも長い間には違ってきます。

疲れ目が習慣化して引き起こされることも分かっています。

その他の方法は目の周りを指で押したり、目もとパックも簡単にできますが効果は抜群です。

継続して行い綺麗な目もとをキープしたいものです。

コメントを残す

サブコンテンツ

このページの先頭へ